代表メッセージ

エロをもっと日常へ。

私たちは創業以来一貫して、日本のアダルトビデオの裾野を広げる活動に取り組んできました。それまで、既得権益が蔓延るこの業界において、制作・審査・製造・流通・販売の川上から川下までを一気通貫して改革してきました。作品作りにも一切妥協をせず、それまで世の中になかった斬新な企画を生み出そうと努めてきました。こうした取り組みはすべて、アダルトビデオ業界をまともな業界にするためにお節介を焼いてきたと自負しています。同時に、いつもハズレを掴まされてきたお客さま対して「ちゃんとした作品」にもっと気軽に触れてもらいたいというお節介でもあります。アダルトビデオに限らず「エロ」の楽しみ方が多様化した今、私たちの担う領域も拡大しています。私たちが目指すのは、「エロ」を特別なものではなくもっと日常のあたりまえにすること。人々を笑顔にしたり、明日への活力を感じたり、コミュニケーションを円滑にしたり。その存在を意識することがないほど日常に溶け込んでいる「文化」を創っていきたい。SOD はそんな馬鹿なことに大真面目に取り組んでいる会社です。これからも、私たちの精神である「ものづくり」でみなさまに喜んでいただけるように邁進していきます。

ソフト・オン・デマンド株式会社
代表取締役社長
野本ダイトリ

1981年1月7日生。埼玉県出身。日本大学卒。
2004年に新卒でSODに入社し、AV監督として活躍。マジックミラー号作品を手掛けるなど実績を残し、
2016年に35歳にして高橋がなりから社長を任命された。「つまらなくなったSODを3年以内に潰せ!」というミッションを果たすため、日々新たなものづくりに挑んでいる。

会社情報